敏感肌専門ブランド「DECENCIA(ディセンシア)」より販売されているホワイトニングケア用品「saeru(サエル)」に関する口コミ・体験レビューをご紹介しているサイトです。

サエルの口コミは事実?トライアルセットでサエルの効果を調べてみました

その他

セラミド配合サエルで敏感肌の美白ケアを実現!他社の美白化粧品との違いは?

投稿日:2017年6月30日 更新日:

肌のうるおいをサポートする成分、セラミド。

敏感肌の方なら一度は耳にしたことがある成分ではないでしょうか?

実は敏感肌用美白ケア用品『サエル』には、このセラミドの浸透力を4倍にしたセラミドナノスフィアが配合されているんですって!でも、セラミドの浸透力が4倍だからといって、肌にどう影響があるの?って感じですよね。

そこで今回は、セラミドの効果と、セラミドナノスフィアを配合したサエルが肌に与える効果についてお届けしていきたいと思います!

そもそもセラミドってなんなの?

名前は聞いたことがあるけど、セラミドって一体何者!?

そんなあなたに、まずはセラミドの基本情報をお話していきたいと思います!

セラミドとは、角層にある細胞間のすき間を満たしている細胞間脂質の主成分です。

もっとわかりやすくいうと、レンガとレンガのすき間を埋めるセメントみたいなもの。

サエル セラミド

セラミドは、肌の乾燥を防ぐのと、外部の敵(ウイルスやアレルゲンなど)の侵入・攻撃から肌を守る役割をしています。

化粧品に配合されるセラミドは人間と同じセラミドではない!?

化粧品に含まれているセラミドは、私たちの肌に存在するセラミドと少し違います。

種類 原料
天然由来 動物性セラミド 豚や馬の体内から抽出されたセラミド
植物性セラミド 米ぬかやとうもろこしから抽出したセラミド
合成由来 ヒト型セラミド 酵母を利用してつくられたセラミド
疑似セラミド セラミドに似た構造を化学的に合成したセラミド

この中で、保湿力が高いのは動物性セラミドですが、肌への刺激が最も低いのは、やはり私たちの肌に存在するセラミドに近い構造を持つヒト型セラミドでしょう。

サエルとは?

サエルは化粧品で有名なポーラ・オルビスグループが展開している敏感肌専門ブランド・ディセンシアが販売しているホワイトニングケアシリーズです。

敏感肌を土台から立て直し、美白成分がしっかりと効くようにサポートする独自の理論でつくられた化粧品なので、今まで美白化粧品で肌トラブルを起こしていた方におすすめ。

サエルに配合されているセラミドとは?

さて、サエルには通常のセラミドよりも浸透力が強いセラミドを配合していると、冒頭でお話しましたが、一体どんなセラミドが配合されているのか気になるところですよね。

サエルは、先程お話ししたセラミドの種類で言うと、私たちの体内に存在するヒト型セラミドを配合しています。

サエル セラミド

ご覧の通り、セラミド2と記載されたこの成分こそが、ヒト型セラミドです。

しかし、サエルに配合されているセラミドはただのセラミドではありません。サエルに限らず、ディセンシアのシリーズは全て、浸透力の高いセラミドナノスフィアを使っています。

私たちの体内にある細胞間脂質と同じ構造(ラメラ構造)にすることにより、より浸透力がパワーアップするんですって!まさにポーラ研究所の肌研究の成果とも言えます。

サエルはセラミドを補給するだけじゃない

サエルに配合されている成分はセラミドを補給する成分だけではありません。

なんとセラミドの畜産をサポートする成分も配合されているんです!その正体は、ハトムギ種子から抽出された白様雪®。

肌にある水の層をきれいに並べるアシルセラミドの畜産をサポートします。

サエルはこのようにセラミドを補給・畜産することができるので、従来の美白化粧品とは違って、敏感肌でも美白ケアができるってわけなんですね♪

【検証】サエルと他社化粧品の保湿力を比較!

では最後に、サエルと他社の美白化粧品を比べてみましょう。

今回は他社の美白化粧品AとB、そしてセラミドナノスフィアを配合したサエルの美容液を代表に実験していきたいと思います。

 サエル セラミド 美容液
内容量 30ml
価格(税込) 通常7,020円/定期会員6,318円

まずはサエルの美容液を使ってすぐに肌の水分量・油分量を測定してみました。

サエル セラミド 保湿

水分量が76%、油分量が24%と、十分すぎるぐらい肌がうるおっています(つけた直後だから当たり前か)。

では、ここから1時間後と3時間後に再び水分量・油分量を測ってみましょう。

【1時間後】水分量45%・油分量30%

サエル セラミド 保湿

【3時間後】水分量45%・油分量29%

サエル セラミド 保湿

なんと3時間後も水分量が変わらず、うるおいが継続していました。さっぱりとした使い心地のわりには、保湿力が高いですね。

やはり、セラミドを配合しているおかげでしょうか。

次に、他社の美白化粧品を使用した1時間後と3時間後の肌を見ていきましょう。

【1時間後】水分量47%・油分量31%

なめらか本舗 保湿 乳液

【3時間後】水分量36%・油分量24%

豆乳イソフラボン 保湿

こちらの化粧品Aは乳液タイプだからか、最初はうるおいが続いていたのですが、時間が経つにつれて肌が徐々に乾燥してきました。3時間後は完全に乾燥肌の水分量・油分量という結果に。うーん、やはり美白化粧品は保湿力に欠けますね。

そして最後に他社の美白化粧品B。こちらは化粧品・美容液をセットで使ってから測定してみました。

【1時間後】水分量42%・油分量27%

クラシエ ホワイトニング 保湿

【3時間後】水分量34%・油分量50%

こちらは乳液やクリームなど、油分の多い化粧品を使用しなかったためか、水分量がみるみるうちに減っていきました。

さらに3時間後は肌が痒くなる始末。やはり乾燥肌の保湿ケアには乳液やクリームも欠かせないんだなぁと、改めて感じました。

サエルと他社の美白化粧品を比較してみましたが、やはりセラミド配合化粧品は保湿力が違います。ここまで肌を乾燥から守る美白化粧品はそうそうありませんので、みなさんも是非一度、使ってみてはいかがでしょうか。

まとめ

従来の美白化粧品に足りなった保湿力を、セラミド配合でしっかりとカバーしている美白化粧品サエル。他社の美白化粧品と比べ、保湿力が別格であることが今回の調査で判明しました。また、サエルはセラミドの補給だけではなく、体内のセラミドを畜産する成分、白様雪®も配合しているので、減少した細胞間脂質をしっかりとサポートすることができます。

美白ケア・保湿ケアがWでできるサエルで、今までできなかった敏感肌の美白ケア、はじめてみませんか?

-その他

Copyright© サエルの口コミは事実?トライアルセットでサエルの効果を調べてみました , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.